子供が塾に行かないの!なぜ?どうして?

塾をサボる子供は親の心子知らずというか、今勉強をしておくことが将来の自分を助けることを理解していません。
塾に行かせてもらっているということも理解していません!

 

面白くない、遊びたい。
そして塾に通わせても結局は「サボる」、「ズル休みをする」って、事になっちゃいます。

 

でも原因は本当に遊びたい?単に嫌なだけ?なぜ、塾をズル休みをするのでしょうか?

 

考えられる理由はたくさんあります。

子供の立場から塾について考えた場合

友達関係が原因の場合

  • 友だちがいない
  • いじめられる

他に興味や関心、やりたいことがある

  • 勉強が嫌い
  • 他に興味ややりたいことがある

塾としての考えがある

  • 集団で教わるのが嫌
  • 個別の指導が良い
  • 通うのが面倒くさい

先生に関することが原因の場合

  • 先生とウマが合わない
  • 先生の教え方が下手

この他にもたくさんの塾に行きたくない原因はあると思います。

 

先生について、教え方、生理的に苦手などもあります。
このような場合はクラスがたくさんある場合、クラスを変えて貰える場合は対処してもらったほうが良いです。

 

塾に行くにも友だちは必要です。話し相手がいないと不安やストレス、また情報の交換も必要です。
逆に集団が苦手な子供もいます。集団であるがゆえ、いじめというリクスもないわけではありません。

 

このような場合は個別指導の塾が良いと思います。

 

しかしまずは、お子さんになぜ塾をズル休みするのか原因を聞いてあげてくださいね。
その原因がわかれば、対処の方法が見えてきます。

 

 

 

塾に通うのか?自宅にいながらオンラインで勉強するのか?

子供が塾をズル休みする原因が、人間関係や指導方法にあるなら原因に沿った対応が必要です。

  • 例えば集団で勉強するのか?
  • 個別で指導を受けるのか?

集団での学習が苦手、個別の方が良いと言うなら、話し合いで解決できるのではないかと思います。

  • 塾に通うのか
  • 自宅にいながらオンラインで指導を受けるのか?

塾に行くという場合は子供が塾に行ってるか言ってないかの確認が取れない!ということ。

 

この場合は親の送り迎えが必要かもしれません。
もしくは、塾に行っているのかの確認が欲しい場合は、入退室に関する連絡メールが親に届くサービスもあります。

今や塾に通ってる子供と、塾に行ってない子供!どのくらいの割合だと思いますか?

今や塾に通ってる子供と、塾に行ってない子供!どのくらいの割合だと思いますか?
答えは中学生通塾率の全国平均は61.4%で、小学生通塾率の45.8%だそうです。

都道府県別統計とランキングで見る県民性 )から引用

 

ということは、クラスの半数、中学生に関しては半数以上の子供が塾に通っているということになります。
当然、お母さんとしてもうちの子供も通わせなくっちゃ、ってなりますよね。

 

将来のために塾へ通わせることは前提で、何が原因でサボるのか?
個別で教えてもらいたいの?
自宅で教えてもらいたいの?
などと、ズル休みする原因を聞いてあげて、要望に答えてあげるのが良いと思います。